RaspberryPi PICO

初期設定
 MicroPhytonを使う
 1.booteslボタンを押しながらラズパイのUSB接続
 外部USBと認識されるのでフォルダのIndex.htmを押す

https://www.raspberrypi.com/documentation/microcontrollers/?version=E0C9125B0D9B
にリダイレクトされる
 Getting started with MicroPythonを押す

 Download the correct MicroPython UF2 file for your boardで
 該当するPICOを選択

 2023/1時点で
rp2-pico-20221220-unstable-v1.19.1-782-g699477d12.uf2

このファイルをpicoのフォルダにドラッグ
これでMicroPythonの動作環境設定

windwosにtonney
  Thonnyのホームページからwondiws用のThonnyをダウンロード

プログラム
 25pinのLEDをLチカ
 IDE左下のMicroPython,,,,,, com4を選択
 実行するとLED点滅

プログラムの保存
 保存ボタンを押すと本体かPICOか保存先を聞いてくるので
 PICOの場合は「main.py]の名称で保存

USBを抜いて電源を与えると単独で点滅開始

注意 main.pyで保存する事

MicroPythonについて
RP2 用クイックリファレンスを参照
https://micropython-docs-ja.readthedocs.io/ja/latest/rp2/quickref.html#


 



import machine
import utime
led = machine.Pin(25, machine.Pin.OUT)
while True:
    led.value(1)
    utime.sleep(5)
    led.value(0
    utime.sleep(5)


     

を記載すると内蔵のLEDが点滅
保存を押すと本体かpicoか保存先を聞かれる

カテゴリー iot